東青山


〇 SKRUF Bellman

2011. 5. 28 [日用品]
 

スウェーデンのクリスタルガラス製品、bellman

 スクルフのグラス、「ベルマン」のこと


 スウェーデンの南部、スモーランドにあるスクルフ(スクルーフ、と表記する場合もあるみたい)。1897年から今日まで、ずーっ、とガラス製品を作りつづけてきた老舗中の老舗だ。スクルフ(ここではルゥー、って伸ばさないほうで)、とはそもそも村の名前。この一帯はむかしからガラス産業の盛んなところで、「ガラスで出来た村」と言うとちょっと大げさかもしれないけれど、その名前をまんまつけた。だから「スクルフ」は歴史のある「工房」、ブランドなのだ。
 その「スクルフ」のなかでも、「ベルマン」と名付けられるグラスシリーズはひときわ光っている。カタチは三つ。ビールと水とウィスキー。ふだん使いにちょうどいい。かといってタダモノじゃあなさそうだ。
 スウェーデンを代表するデザイナー、インゲヤード・ローマンの手によるものだ。彼女の描いたストーリーボードを、スクルフのガラス職人たちが汗だくで熱ーいガラスに、ふう、ふうっ、と息吹き込んでこしらえる。そこで、ベルマンのひみつをひとつ。それは「カリクリスタル」で作られている、ということ。と言っても耳慣れないかもしれない。よく聞くのは「クリスタル」グラスだ。ガラスに酸化鉛を混ぜて作られる。いっぽう「カリクリスタル」は、鉛ではなく酸化カリウム。カリウムのほうが鉛を使うよりもずーっとひとにやさしい。色も、透明度だって「クリスタル」に負けやしない。
 ほら、そこ。底を見てほしい。ガラス職人が「ポンテ」という吹き棒を、とんっ、とたたいてはずしたときに出来る、まあるい跡がまんま残っている。その横にしゅしゅしゅっ、とひっかき傷のようなローマンのサインが。シンプルなデザイン、なのにどこかただならぬ気配。その理由は底にあった。
 そうか、ハンドメイドなのだ。
 もっと、よーく見る。吹きガラスはだから、どれひとつとして同じものがない。ガラスの揺らぎ、底の厚み、ちょっとずつ、ちょっとずつちがう。だから選ぶときからもう楽しい。
「どんどん愛情を注いでくださいね」そう言わんばかりにスクルフのベルマンシリーズ、ほら、口を開けて待っている。

 商品名   SKRUF B ellman
 素材    カリクリスタル
 製造    SKRUF(スウェーデン)
 デザイン  lngegerd Raman
 寸法    ビール   径78mm × 高115mm
       ウォーター 径78mm × 高 90mm
       ウィスキー 径78mm × 高 68mm
 容量・重量 ビール   280ml・約160g
       ウォーター 250ml・約140g
       ウィスキー 200ml・約 90g
 価格    ビール   7,236円
       ウォーター 6,372円
       ウィスキー 5,832円

  ビール     
      ウォーター   
    ウィスキー   
 

<< 戻る