東青山


〇 醤油差し

2012. 3. 31 [日用品]
 

たれない醤油差し

 この醤油差しは

 こゝろがけがいいのは、口もとだけではございません。まだまだ新顔の「醤油差し」ではございますので、裏方からも、ちょこっ、とだけ、補足を。
 まずは、身と蓋、それぞれの「合わせ」部分をごらんください。両方にきちんと施釉がしてあります。理由は、醤油がしみて汚れないため。じつはこれ、身と蓋を別々に施釉、焼成することで得られる、この「醤油差し」の裏の顔。従来なら、「合わせ」に狂いが生じないよう、蓋を閉めたまま焼成します。すなわち「合わせ」には施釉されず、よって出来上がりは「土見せ」のようになり、ゆくゆく素地に醤油がしみこんでしまうのです。
 私たちは、ながーくきれいなままお使いいただけるよう、手間がかかっても、身と蓋を別々にこしらえる方法を採用、なおかつ「合わせ」に狂いが生じないように工夫を凝らし、東屋ならではの「醤油差し」を実現しました。
 素地には熊本の天草陶石を使い、高温(1,280℃)で還元焼成。どの部分もしみることなく、いつまでも清潔にお使いいただける、万年生粋の「醤油差し」と、自負しております。

 商品名  醤油差し
 素材   天草陶石、石灰釉
 製造   白岳窯(長崎県波佐見町)
 デザイン 猿山修
 制作   東屋
 寸法   幅83mm × 径62mm × 高67mm
 容量   85ml
 価格   1,944円

醤油差し    
 

<< 戻る