東青山


〇 裁縫箱

2012. 2. 4 [日用品]
 

楠、指物の裁縫箱

 この裁縫箱は

 楠でこしらえた箱である。楠はなんといっても匂いがたまらなくいい。開けるたんび、ほのかに香る木の匂いはクセになる。それを「裁縫箱」と名付けてしつらえてみた。楠細工屈指の指物師に、一枚刃の鉋で削ってもらう。木肌の美しさを無垢のまんま、豊かな面(つら)に仕上げてもらう。ホゾ、チギリ、細工の妙を凝らしてもらう。作り手から使い手の掌(たなごころ)へ。年季がさらに美しさをかもしだす。
 大中小の箱をご用意した。大は、蓋を開ければ身が外せ、二層構造になっている。入れ子の構成は使い手しだいだ。おさまりのいい箱だからこそ、道具は大事に受け継がれ、手から手へ、いよいよ玉手の箱となる。そのためには何よりも「几帳面」であること。すべてはそこから生まれた手技尽くしの箱。これぞ、箱の中の箱、なのである。

 商品名  裁縫箱
 素材   楠
 製造   楠家具製作所(静岡県田方郡)
 デザイン くげなつみ
 制作   東屋
 寸法   大 幅285mm × 奥行230mm × 高100mm
      中 幅195mm × 奥行135mm × 高 50mm
      小 幅115mm × 奥行 80mm × 高 30mm
 価格   フルセット     49,372円
      (大、中、小、針山と糸巻付き)
      ハーフセットA    28,800円
      (大、針山と糸巻付き)
      ハーフセットB    20,571円
      (中、小、針山付き)

        フルセット      
        ハーフセットA    
        ハーフセットB    

 

<< 戻る