東青山


〇 「月光値千金」展

2015. 9. 18 [イベント]
 

京都大吉とさる山の酒器展

 「月光値千金」展

 今年もやってきた。京都の大吉さんと東京のさる山さんが、秋の夜長を愉しむための酒の器と道具を列べます。初日夕刻には、細やかながら展示の器でお酒も振る舞います。ぜひ、お立ち寄り下さいませ。首を長ーくしてお待ちしております。


2015年9月26日(土)
       27日(日)
       12:00〜19:00


 ちなみに、お隣り写真のことをちょこっとだけ。名前は「阿蘭陀大硝子瓶」と申します。だ、だい? そうなんです。大そうでかいです。寸法にして、立端はおよそ65センチ、胴回りは150センチぐらい、かな。時は19世紀オランダまで遡って、どうやら葡萄酒なんぞをちゃぷちゃぷ満たしてフィリピン辺りに運ばれたらしく、なんの因果か今はここ東京の「東青山」に御座します。こんなにでかくてしかも透明な代物はなかなかお目にかかれない稀なケース、否、ボトルだそうで。まさか、ワインを満たせとは申しません。でも、なーんか入り用な気配を感じ取っていただけるなら、まずは実物をご覧いただきたいなあ、なんてとりあえず紹介まで。

 

<< 戻る